紫外線と皮膚がんの関係

3種類の紫外線について学ぶ

HOME » 紫外線の基礎知識 » 紫外線が私たちに及ぼす影響とは!?

紫外線が私たちに及ぼす影響とは!?

紫外線は太陽光線の一種で、人間の皮膚に吸収されると害を及ぼしてしまいます。

紫外線にも種類がある!

ひとくちに紫外線といっても、いくつかの種類があることはご存知でしょうか。

「紫外線」とは、太陽から地球上に届いている光、つまり太陽光線の一種になります。

いくつもある太陽光線のほとんどは酸素やオゾンに吸収されてしまうのですが、残りのわずかな光だけが地表に届いています。

波長の短い順から<イオン化放射線>~<紫外線>~<可視光線>~<赤外線>と分けられます。

その中の私たちに影響を及ぼす紫外線は3つです。

■三つの紫外線

  • 紫外線A(UV-A)=私たちが浴びるほとんどは、この紫外線A!!
  • 紫外線B(UV-B)=数パーセントは紫外線Bも浴びている。
  • 紫外線C(UV-C)=酸素やオゾン層に吸収されるため、地表には到達しない

紫外線の量で皮膚がんの発生率が決まる!?

これらの紫外線は、皮膚に吸収されて、遺伝子を傷つけてしまいます。

皮膚の免疫を奪ったり、メラニン色素を作る色素細胞を酸化して黒くする働きを持っています。

それが、目に見えてくるシミやそばかす。さらには皮膚がんにもなる恐れがあるのです。

この皮膚がんの中でも最も怖いメラノーマは、紫外線Aが原因という人もいます。

一方、紫外線Bは皮膚細胞の遺伝子DNAにたくさんの傷をつけて皮膚がんの原因を作ってしまいます。

遺伝子に傷がつくということは、遺伝子に異常をきたすということ。

異常のある細胞が増殖していく先に待っているのが皮膚がんなのです。

そのほか紫外線Bは、皮膚の免疫力を抑えるので、ウイルスや細菌などからの感染症にもかかりやすくなってしまいます。

これらの事実からみても、太陽を浴びるほどに体に良くない影響が及ぼされてくることは分かります。

紫外線による日焼けは、皮膚の老化ばかりか皮膚がんの原因にもなることが科学的にはっきりしてきているのです。

経度が十度変わるだけで皮膚がんの発生率が3~4倍に跳ね上がります。

つまり、紫外線をたくさん浴びるほどに皮膚がんのの発生率も高まるのです。

害があるのは「紫外線B」

私たちの皮膚に悪影響を及ぼすのは、わずか数パーセントしか届かない紫外線B。

少ないけれど影響は大きい、それが紫外線Bなのです。

ところが、その大きな影響を及ぼす紫外線Bを吸収するオゾン層は、すでに破壊され始めています。

このまま破壊が進むことを考えると、どんな悪影響が出るのか未知数なのです。

オゾン層を保護する動きは広がっているものの、オゾン層破壊はいまも続いています。

オゾン層が薄くなるほどに私たちへの紫外線Bの影響は大きくなるばかりか、今までは完全にガードしていた紫外線Cまでもの影響まで考えなくてはなりません。

私たちはコレまで異常に真剣に紫外線対策に取り組まなければならない事態に直面しているのです。

uvspray

ページトップへ

@当サイトを紫外線対策の参考にして頂ければ、幸いです。

Copyright © 2009 紫外線対策ガイド All Rights Reserved.