シミの原因メラニンは、私たちの強い味方です!

日焼けから大切なお肌を守る!

HOME » 紫外線の基礎知識 » 紫外線から皮膚をガードする「メラニン」

紫外線から皮膚をガードする「メラニン」

メラニンは肌の色を決める皮膚の色素。メラニンがあるほど皮膚は黒くなるため、肌を白く保ちたい人には増えて欲しくないもの。しかし、メラニンにも重要な役割があります。

メラニンの量は皮膚がんと関係あるの?

肌の色を決めるのは「メラニン」

地球上の人の肌の色は、住む場所によっても全然違います。
肌の色には、遺伝や生活環境も関係がありますが、決め手となっているのは「メラニン」という色素。

メラニンには、黒(褐色)と黄(赤色)の2種類があり、私たちの皮膚の色はその2種類が混ざり合って出来ています。

メラニンが多い肌は黒くなり、量が少ないと白色系に。
私たち日本人は黄色人種と言われ、メラニンの量は黒色系と白色系の中間に位置します。

遺伝子にメラニン量の情報が詰まっているため、生まれてきた両親と似た皮膚の色になっているのです。

しかし、日焼けをするとさらに色が濃くなります。これは、色素細胞が新しくメラニンを作ったしるしです。

メラニンが肌を守る!?

メラニンは、肌を白く保ちたい人には増えて欲しくないもの。
しかし、メラニンにも重要な役割があります。

それは、紫外線の刺激に対抗して、紫外線を吸収したり錯乱して、これ以上、紫外線の害が皮膚の中に進入して来ないようにガードしてくれるということです。 

メラニンが多いほどに紫外線をガードする力を持っているので、メラニンの多い黒色系の人のほうが皮膚がんにもなりにくい傾向にあります。

そして日本人はというと、皮膚がんの発生率が年を追うごとに増えています。 

では、白色系の人のほうが皮膚がんになりやすいのかというと、一概に皮膚の色だけで決められるものではなく、住んでいる国の紫外線量の多さも関わってきます。

現在、オーストラリアに多くの皮膚がん患者が目立っているのは、たくさんの紫外線量の多さがあるからなのです。 

uvspray

ページトップへ

@当サイトを紫外線対策の参考にして頂ければ、幸いです。

Copyright © 2009 紫外線対策ガイド All Rights Reserved.