日焼け止め情報満載のサイト

日焼けから大切なお肌を守る!

HOME » 紫外線の基礎知識 » 日焼けは太陽によるやけど

日焼けは太陽によるやけど

一時期はオシャレを求める若者たちが、わざわざ日焼けサロンに通って皮膚を焼いていました。

日焼けの危険性

最近では、オシャレを求める若者が日焼けサロンに通ってわざわざ日焼けをしています。

しかし、日焼けが私たちの体に害を及ぼすものだと分かったら、どうでしょう。

そう気軽に日焼けしたいとは思わないのではないでしょうか。

日焼けとは、そもそも、皮膚が直接太陽光線を浴びることによって生じる「低温やけど」を指します。

つまり、たくさん日焼けをしている人ほど、重症の低温やけどになるので、海水浴などで一気に日焼けをすると皮膚に水ぶくれが出来たりするのです。

UVカットの重要性

最近では、オゾン層の破壊が叫ばれ、「UVカット」の重要性が認知され始めてきています。

初夏になると、ドラッグストアの店内の目立つところにはUVカットの化粧品が陳列していますし、UVカット加工を施した洋服や傘なども出ています。

年々、町の中では日よけ傘をさす割合が増えていますし、窓ガラスにUVカット加工を施している電車もあるくらいに、紫外線対策は広い範囲で行われているのです。

「小麦色の肌は健康の証」といわれていた、かつての常識はきっぱりと捨てなければいけません。

もう一度、日焼けや紫外線への知識を見直してみましょう。

 

uvspray

ページトップへ

@当サイトを紫外線対策の参考にして頂ければ、幸いです。

Copyright © 2009 紫外線対策ガイド All Rights Reserved.