ココに大量紫外線がやってくる!

紫外線量の計測値を見てみると、夏は冬の数倍の紫外線量となっています。

HOME » 紫外線から皮膚を守るための対策 » 紫外線対策には、紫外線を知るべし!

紫外線対策には、紫外線を知るべし!

紫外線量が多い時期や時間帯、場所を知り、紫外線対策に役立てましょう。

おさえておきたい、大量の紫外線ポイント

「夏」は当然大量の紫外線です。

風鈴気象庁による月ごとの紫外線量計測値を見てみると、夏は冬の数倍の紫外線量となっています。

なかでも7月が最も高く、1月の約5倍の紫外線量。

夏は暑いので、露出の多い格好になりがちですから、なおさら注意が必要になってきます。

注意しておきたいのは、夏といってもいちばん熱い8月がもっとも紫外線量が多いとは限らないということ。

紫外線量は気象条件で変わります。
全国的なピークは7~8月ですが、梅雨時期にある6月の日差しが厳しいことも頭に入れておきましょう。

ランチタイムの12時前後

時間別に見ると、午前10時~午後2時までの紫外線量がもっとも多く、とくに12時前後の紫外線量が格別です。

太陽が真南に来るときが紫外線量も最大となるわけです。

この真昼間の時間帯は、
ランチタイムや用事ごとなどで何かと外出する機会も多いとき。
だから、なおさら紫外線への対策が必要となってくるのです。

ちなみに、日の出入りする時間帯は、紫外線はゼロに近いですが、日が照ってくるほどに紫外線量は急速に増えます。

通勤時間帯のあさの8時半頃は、冬の真昼の紫外線量とほぼ同じですから、時間帯によっても紫外線量を把握しておいたほうがよいですね。

くもり空でも50~80%の紫外線はあるんです

忘れてはならないのが、太陽がかげっていそうなくもりや雨の日でも、紫外線は地表に届いているということです。

晴れ渡っている日の紫外線量が100%とすると、くもりの日でも20~30%はあります。
薄っすらとくもり空であると、50~80%はあります。

雲は、水滴の微粒子によって光の方向を錯乱・分散作用によって散らすも、水滴でできているので紫外線は透過します。

雲が近い高さにある場合、
晴れた日よりも帽子の紫外線防止効果は低いと考えられます。

例えば、木陰の下にいれば紫外線の直射は避けられますが、空中錯乱や地表からの反射を考えると、直射の40~50%もの紫外線を浴びます。

日陰にいてもサンバーンを起こすのは、そうした錯乱は反射のせいです。

気をつけたい「紫外線反射」
  • アスファルト・コンクリート 20%
  • 水面 20%
  • 芝生・土 10%

アスファルトの路面を歩くと、地面からの反射もあって普通より12%も多い紫外線を浴びることに。

足を露出するような服装の女性は要注意!

「スキー焼け」という言葉があるように、紫外線量が少ないはずの冬でもかなり強力な日焼けをしてしまうのも、この反射光を浴びるから。

雪による光の跳ね返りは、雪がないときの1.8倍もの紫外線を浴びてしまいます。

標高が高いほど、紫外線も上昇

もう一つ紫外線を多く浴びる場所が、標高の高いところです。
1000メートル登るごとに6~10%ほどのわりあいで紫外線が強まります。

世界でも高い山々が連なるヒマラヤのふもとの国・チベットは、標高4000メートルに位置しています。

とても空気が澄んでいてきれいなのですが、紫外線を吸収するホコリやチリがあまりありません。

そのため、チベットの人々は、子ども時代から
多くの紫外線をあびて褐色色の肌となり、シミやシワも若くしてできます。

日本人に比べてふけて見えるのはそのせいなのです。

uvspray

ページトップへ

@当サイトを紫外線対策の参考にして頂ければ、幸いです。

Copyright © 2009 紫外線対策ガイド All Rights Reserved.