日焼け止め情報満載のサイト

紫外線をカットするなら、なるべく太陽の直に肌をださないことです。

HOME » 紫外線から皮膚を守るための対策 » 生活スタイルに紫外線対策を取り入れるべし1

生活スタイルに紫外線対策を取り入れるべし1

日常生活から、紫外線対策をしていく必要があります。

紫外線予防には、日ごろからの心がけが大切

暑い夏でも肌露出は控えたい

紫外線をカットするなら、なるべく太陽の直に肌をださないことです。

たとえ夏でも長袖を着るようにしたり、UVカットのストッキングをはくだけでも違います。
徹底したい方には、UVカットの繊維を使った衣服を着るのも効果的です。

ただ、暑さに耐えられないといった場合は、無理をせずに日焼け止めのローションを塗ればよいでしょう。

直射日光を9割カットする日傘の常用のススメ

4月から9月の晴れた日は、日差しの厳しさを感じますが、そういうときこそ紫外線量も増えています。

そんなときに完全に近いくらいに紫外線をカットできるのが「日傘」。

直射日光の90~95%をさえぎってくれます。
日傘の布地が紫外線を吸収するのです。

布地は黒が効果的ですが、黒は熱も吸収するので暑さも倍増。

黒以外の日傘でも紫外線カットの効果はありますから、問題はありません。

ただ、一つだけ忠告しておくと、空気中に散乱している光や地面から反射する紫外線までは防げません。
ですから、1日じゅう日傘を差していても日焼けはします。

帽子は「ツバの広さ」を考えて選ぼう

帽子紫外線カットには、ツバの広い帽子がおすすめです。
日陰の部分をたくさん作り、日光が直接顔に当たらないようにするのです。

ツバの幅は7センチ以上はほしいところです。
7センチあれば、顔にあたる紫外線は40%ほどまで減少します。

キャップ帽は全体的にツバがないぶん、紫外線カットの効果は薄いので、日焼け止めを併用するのがよいでしょう。

買うなら「UVカット」のサングラス

サングラス目だけに焦点を当てて紫外線防止を考えると、帽子を被ることで紫外線の50%が減少、サングラスでは90%も減少します。

同時に使用すれば95%をカットするともいわれています。

uvspray

ページトップへ

@当サイトを紫外線対策の参考にして頂ければ、幸いです。

Copyright © 2009 紫外線対策ガイド All Rights Reserved.